価格を知る方法

男性が女性にプロポーズする際に、ダイヤモンドの婚約指輪は必要不可欠なものになりました。プロポーズの際に女性にダイヤモンドのリングを差し出す文化は元々ヨーロッパやアメリカの文化でした。しかし日本も西欧文化に傾倒するようになり1970年代頃からこうした文化を真似てプロポーズすることが定着していったのです。ここで問題になるのが、男性が一体どれくらいの相場のダイヤモンドリングをプロポーズのために用意すべきかと言うことなのです。1970年代にはしきりにCMでダイヤモンドは給料の三か月分が妥当とするキャッチコピーが流れました。しかし現代は日本の景気が悪く、デフレ経済と言うこともあり、相場的には30万円前後のダイヤモンドの婚約指輪を用意することが一般的とされているのです。

しかし相場に関係なく、相場以上の見栄えのするダイヤモンドの婚約指輪を彼女のために用意したいと思っている男性も多いのです。こうした場合はダイヤモンドの質を重要視し、ダイヤモンドの台座は後回しにして婚約指輪を選ぶことが大事です。特にダイヤモンドの4Cという世界基準を高水準に満たすものを選ぶことで日縦横に素晴らしいダイヤモンドを彼女に贈ることができます。しかし予算に限りがあるので、台座はシルバー台など安い素材にして工夫することで婚約指輪全体の予算を抑えることが出来るのです。また本当に予算が限られている場合はメレダイヤモンドの集合体でデザインされたダイヤモンドリングを婚約指輪として代用することも出来るのです。