Marriage and Dress

変化する傾向

日本では従来、指輪を結婚時に贈るということはあまりされてきませんでしたが、今ではすっかり浸透した感じがあります。価値観の変化も手伝って徐々に結婚指輪の形式は変化しているといわれています。

read more

いろんな種類がある

婚約指輪は大きなダイヤがついた指輪を想像される方が多いと思います。実際にお店に行っても迷うことが多いのではないでしょうか。それは婚約指輪にはいろいろな種類があるためです。

read more

ダイアモンドで選ぶ

ブライダルリングの専門店であるアイプリモの口コミが気になる方はここからチェックできます!参考にしてみましょう!

婚約指輪の相場はおいくら

婚約指輪の価格について、昔はよく「月給の3ヶ月分が相場である」などと言われていました。この話が事実だとすれば、給与水準が上がった現代の日本においては、結構ビックリする金額となってしまいますよね。では実際のところ、婚約指輪の相場はおいくらぐらいなのでしょうか。 実は、婚約指輪の相場は30万円前後と言われています。この相場を表すかのように、ジュエリーショップの店頭に並んでいる婚約指輪も、20万円台〜40万円台のものが最も多くなっています。また、婚約指輪を一本だけで購入するのではなく、結婚指輪も一緒に3本まとめて購入すると割引されるシステムがあるジュエリーショップもあります。あくまで相場は参考価格として、自分たちの予算に合った婚約指輪を購入することが大切です。

ダイヤモンドの4Cについて

婚約指輪の値段を決める重要な要素が、ダイヤモンドの価格です。ダイヤモンドの価値を決める要素となる、「4C」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。4Cとは、カラット(=Carat)、色(=Color)、透明度(=Clalrity)、研磨(=Cut)の4つの言葉の頭文字を取った言葉です。これらの4つの要素にそれぞれグレードがあり、その組み合わせによって、ダイヤモンドそのものの総合的な価値が決定します。 世の女性の多くは4Cの存在を知らず、最も有名である重さを意味するカラットばかりに目が行きがちですが、いくらカラットが高いダイヤモンドでも、色が濁っていたり、透明度が低かったりすれば、一気に価値は下がります。

PICKUP

価格を知る方法

モノを購入するときには相場を気にしながら節約することになりますが、婚約指輪に関しては相場を気にせずに好きなものを贈りたいという人が多いです。ダイアモンドの質によって価格は変化します。

read more